素敵な日々ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護という現実。

<<   作成日時 : 2006/09/08 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おばあちゃんが歩けなくなった。お盆明けに、原因不明で急に歩けなくなった。父親や母親は当然びっくりしたんだけど、一番パニックになったのが本人であるおばあちゃんだった。当初はかなりのパニックだったようで、高熱が出たり、何を話してるのか分からなかったりと、手のつけられない程だった。
 結局、介護ベッドをおばあちゃんの部屋に置く事になって寝たきりになり、1人では歩けなくなってしまった。そして、母親はその介護でしばらく仕事を休む事になった。

 それを聞いたのが、今日の朝。たまたま電話をかけてきた母親から聞いた。「心配をするから」と、母親がおばあちゃんの状態を教えてくれなかったのだ。父親にも口止めをしておいたらしい。

 この前のテレビ電話で伝えたい事は、実はこの事だったのだ。父親は、普段やらないような事をして、母親には内緒で私に気づかせようとしたのだ。私は、何を呑気に考えてたんだろう。

 
 今朝の話では、今では大分落ち着いた様子だと聞かされた。足が不自由なだけで、体自体は何の問題もないと。
 でも、それを聞いて「ああ、そう。なら安心だね。」と言えるはずがない。バイト後、すぐ実家に向かった。


 実家に着いてすぐおばあちゃんの部屋に顔を出した。
 おばあちゃんは、私の顔を見るなり「ああ、こんな姿を見られたくなかったなあ。」と言った。お盆の時に比べ、かなり痩せている。腕も足もガリガリだった。でも、ちゃんと私の顔を見て話をしてくれた事にちょっと安心した。そこで母親から詳しい事を一通り聞いた。原因不明だけど、おばあちゃんは97歳。何があってもおかしくない年齢である。

 私は、おばあちゃんを椅子に座らせたり、ベッドに寝かせたりという事を母親に教えてもらいながらやってみた。腕だけでなく、足腰にもかなりの力が必要である。足に負担をかけられない母親にはなかなか出来ない事である。これを毎日毎日やっていたんだと思うと、胸が締め付けられる感覚がした。


 私も母親も、そして息子である父親でさえも、おばあちゃんの寝込んだ所なんて今まで見た事がなかった。だから、最初は『冗談でしょ』と思いたかった。

 でも、現実は違う。

 おばあちゃんが、いつまでも家族の中で一番元気という訳にもいかない年齢になったという事を実感しなければいけない。ついにそんな時が来たんだ。ある程度、覚悟もしなければいけない時が来たんだろうか。


 でも、今はまだ考えられないよ。
 「お正月までには治さないとなあ」と言ったおばあちゃんの言葉に合わせて、これから出来る限りの事をしようと思う。



 帰りの高速でいろんな事を考えながら走っていたら、涙が止まらなくなった。

 28年間同居していたおばあちゃんなのに、私は結婚して家を出た人間だから、気を遣ってすぐ知らせてもらえなかった事。  
 父親がどうにかして私に知らせようとした事。
 母親がおばあちゃんの介護に対して、ものすごく明るく振る舞っていた事。
 手も少し不自由になってきて、食事の時に私が代わりに食べさせようとした時に、おばあちゃんが頑にスプーンを離さなかった事。

 結婚して家を出たら、こんなにも気を遣われたり、甘えられなくなった事がとてつもなく辛かった。娘であり、孫である事に変わりはないのに。
 
 そして、それに私が気づいても「私が代わりになんでもするから言ってよ。家族なんだから。」という言葉が言えなかった事。どこまで私はダメな人間だろう。早めに言わないとなあ、この言葉だけはホントに。


 こうしていろんな事を考え、我が家に到着。旦那に全てを話す。旦那の前で泣かないように高速で号泣してきたのに、結局、話してる最中に涙が出てしまった。

 「今、泣いてどうするよ。これから親孝行とおばあちゃん孝行をしなさい。」という旦那の言葉に我に戻る。

 そうだ。大変なのはこれからなんだ。今、泣いてどうする!と、前向きに考えるようにした。
 でも、何をやってる時でも気になって仕方ないなあ。


 それにしても、母親はホントに強い。あの強さをホントに見習いたい。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
介護という現実。 素敵な日々ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる